AUTOBACS MOTORSPORTS

Home > History > ARTA Project > ARTA チャレンジ

ARTA チャレンジ

ステップアップの道筋を確立し 子供たちの夢をバックアップ

世界に通用するドライバーを育てる。その原点はカートである───。

モータースポーツへの関わりを通じてそう確信したARTAは、プロジェクトの発足と同時にカートプログラムをスタートし、2004年からはカートシリーズ「ARTAチャレンジ」へと発展させました。現在は入門カテゴリーの「ARTAコマー80クラス」とステップアップクラスの「ARTAチャレンジクラス」を展開しています。

スクール形式のARTAコマー80クラスは、走行上のマナーやルール、セッティングの進め方など、カートに取り組むための基礎となるノウハウを経験豊かな講師が懇切丁寧にレクチャーします。ARTAチャレンジクラスは、4輪へのステップアップを目指す熱意あるドライバーの活動を支援するプロジェクトです。

子供たちが普段の生活の中で野球やサッカーに触れると、その魅力に引き込まれ、自然な流れでプロを目指す機運が芽生えていく。モータースポーツにも同じことが言えるはずです。しかも、いきなり高いハードルを与えるのではなく、なじみやすい環境を整える。その考えを実戦するのが入門クラスです。

ステップアップクラスは、カートから4輪カテゴリーへの橋渡し役を務めることが目的です。ARTAチャレンジをスタートさせる前は、ステップアップする道筋が確立されていませんでした。そのため、才能もあり、意欲もあるドライバーがステップアップの機会をつかむことができず、埋もれていたのです。

カートに触れる機会を増やすことで間口を広げ、子供たちがモータースポーツに触れる機会を増やす。入ってきた若い才能に対しては、上位カテゴリーにステップアップする道筋をきちんと作る。必要とあれば、海外で経験を積ませる環境を整える。意欲のあるドライバーが着実にステップアップすることで、F1に代表される、世界に通用するドライバーが育つのです。ドライバーの発掘と育成を継続していくことは、本格4輪カテゴリー全体の底上げや活性化にもつながると考えています。

(まとめ/世良耕太)